セミナー情報

住宅ローン

【大阪】住宅ローン対策で成約20%アップと事業用『買取再販ローン』活用ビジネス

【大阪】住宅ローン対策で成約20%アップと事業用『買取再販ローン』活用ビジネス
主催株式会社にじゅういち出版
日時2018年5月29日(火)
午後1時~午後5時
会場大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-27 新大阪丸ビル新館8階 809号室
JR新大阪駅(東海道本線)東出口より東口へ出て徒歩約5分
受講料1名 25,000 円、追加1名 20,000 円(テキスト・消費税込)
21出版倶楽部会員 1名22,500円、追加1名18,000円(テキスト・消費税込)
講師田中 伸(アルヒ株式会社 FC本部 部長)

住宅ローンの承認が得られずに成約を逃したケースや、物件には自信があるのに承認金額で顧客の満足を得られなかったケースはありませんか?
 フラット35の扱う2万件の承認済み案件から承認事例を分析した内容を、(1)金融機関の特徴、銀行員の思考ロジック、(2)必要な知識はこれだけ、住宅ローンの基本知識、(3)契約打率を上げる手法、(4)事業者向け融資「買取再販ローン」の活用方法等にまとめ、三井住友銀行等で一貫して20年以上住宅ローン業務に従事した田中伸氏を講師に迎えレクチャーします。

■ 住宅ローン対策で成約20%アップの手法を体得
  1 銀行員を味方につけるには
  (1)銀行員の思考ロジックを知る
    ・ 銀行住宅ローン可能額で見積りを作ってないか
    ・ 殆どの営業マンは銀行員の都合でローン条件は決められている
  (2)金融機関の特徴
    ・ 同じ地方銀行でも積極姿勢を見極める
    ・ 同一金融機関の同じ支店でも担当者で違う
    ・ 審査が緩くなる時期、厳しくなる時期

  2 必要な知識はこれだけ
  (1)住宅ローン基本知識を身につける
    ・ 住宅ローンのしくみ(銀行+保証会社)、フラット35とは
    ・ 金利の種類 変動金利、固定特約型、全期間固定型
    ・ 元利均等と元金均等(元本均等)
    ・ 繰上げ返済は期間短縮と返済額低減型の2通り
    ・ 団体信用生命保険について
    ・ 住宅取得控除と買い替え特例について
    ・ 毎月の返済額を算出する
    ・ 返済比率(返済負担率)を算出する
  (2)住宅ローン知識をフル稼働させ契約打率をあげる
    ・ なぜ「住宅ローンはフラット35を最優先」するか
    ・ 銀行ローンは年収の7倍まで、フラット35は9.5倍まで借りられる

  3 住宅ローンの活用事例
   ・ アルバイトでも住宅ローンが組めた
   ・ 金融機関で住宅ローンが難しい人の対応
   ・ 自営業、法人経営者も自己資金がほぼゼロでも
   ・ 団体信用生命保険をクロージングで活用例
   ・ マイカーローンは完済できなくても、おまとめローンの活用例

 ■ 事業者向け融資「買取再販ローン」の活用方法~一般仲介だけでも利益を出す方法~
  (1)物件仕入れ資金とリフォーム資金も融資する『買取再販ローン』ビジネスを目指そう!
  (2)事業者向け仕入資金『買取再販ローン』のメリットを知る
  (3)買取再販ローンの上手い活用方法
  (4)融資実績の活用事例、出口戦略ついて
  (5)買取再販ローンの具体的な手続き

田中 伸

田中 伸

アルヒ株式会社 FC本部 部長

大学卒業後埼玉県の信用金庫、スルガ銀行、住友信託銀行(現在の三井住友信託銀行)、三井住友銀行で一貫して20年以上住宅ローン業務に従事。三井住友銀行に10年勤務後に2015年から現職のアルヒ株式会社のフランチャイズの営業現場の指導育成のほか、全国の不動産業界でのセミナー・講演会、新人研修を実施。一般社団法人全国住宅産業協会の政策委員も務める。

JavaScript を有効にして下さい

大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-27 新大阪丸ビル新館8階 809号室
(JR新大阪駅(東海道本線)東出口より東口へ出て徒歩約5分)