セミナー情報

売買仲介 民法改正

宅建業者のための 新・不動産売買・仲介専門講座【1】

宅建業者のための 新・不動産売買・仲介専門講座【1】
主催株式会社にじゅういち出版
日時2019年1月25日(金)
午後1時~午後5時
会場東京都千代田区神田駿河台3-11-5 中央大学駿河台記念館 6階 670号室
JR中央・総武線「御茶ノ水駅」聖橋橋改札口から徒歩3分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B1出口)徒歩約3分
受講料1名 25,000 円、追加1名 20,000 円(テキスト・消費税込)
21出版倶楽部会員 1名22,500円、追加1名18,000円(テキスト・消費税込)
講師立川 正雄(弁護士)

不動産売買・仲介については、ささいなミスでも大きなトラブルが発生し、多額の損害を被ることになります。本講座は、日頃の不動産売買・仲介について、気を付けるべき点を見つけられるようにし、トラブル対処方法を解説します。また、民法の契約関係等を定める債権法の改正法は、東京オリンピックの開催される2020年4月1日から施行され、この民法の改正に伴い売買実務も大きく変わります。

第1部 契約成立時のトラブル
■ 原始的不能(民法改正)
 ・東京で北海道の別荘を売買する契約を締結した。ところが、この別荘は、契約日の前夜類焼で全部燃えていた。
 この契約は無効か? 払った手付金はどのようにしたら返還してもらえるか?
■ 意思能力(民法改正)
 ・売主が高齢者で判断能力があるかどうか心配な場合の対処方法は?
 ・契約後、決済前に売主が死亡したときはどうすればいい?
■ 親族の代理
 ・地主の長男が父の代理でアパートを売りたいといってきた場合の対応は?
■ 法定後見・保佐・補助・任意後見・未成年(民法改正)
 ・任意後見人が本人の所有するアパートを売りたいと頼んできた? どのように対応すればよいか?
 ・長男が売主の父親を代理すると言ってきた場合の対応は?
 ・18歳の高校生が祖父から相続したアパートを、高校生の父親が売りたいと頼んできたときはどのように対処すればいいか?  民法の成年となる年齢の改正法
■ 手付け(民法改正)
 ・売主が手付けを500万円もらっている。売主が手付け解除するにはどうしたらいい?
■ 建築条件付土地売買
 ・「建築条件付土地売買」で土地の売買契約と建物の請負契約を同時に締結してよいか?


第2部 境界・測量
 ・公簿売買であれば、境界の明示は必要ないか?
 ・隣が境界を争っている、売主は自分が認識している境界を買主に明示すればよいか?
 ・確定測量図作成が売主の義務となっている場合の免責特約


第3部 宅建業法
■ 無免許営業の幇助
 ・地主Aが祖先伝来の土地100坪を、2区画に分割登記だけして売却したいといっている。宅地分譲(無免許営業)となるか?

■ 重要事項説明・調査義務
 ・中古住宅でデイサービスをやりたいという買主に、検査済証を取得していない中古住宅を紹介して売買契約を締結した。何か問題はあるか?
 ・迷惑行為をする近隣がいる場合の重説の書き方
■ 未完成物件
 ・地主と開発許可が下りなかったら、開発用地の売買は解除させてもらうという条件で土地売買契約をした。何か問題があるか?
■ 仲介手数料・広告費
 ・日頃使いのある地主から、北海道の奥さんの実家の売却の仲介を頼まれた。現地調査のための飛行機代・宿泊代・タクシー代等は仲介手数料以外にもらえるか?


第4部 借地権売買
 ・借地権売買で注意すべき点は何か?

立川 正雄

立川 正雄

弁護士

昭和52年司法試験合格、昭和55年弁護士開業。
会社法務・開発・建築・不動産法務・倒産法務を専門分野とする。
最近では、ゴルフ場の清川カントリークラブの更生管財人として再建を果たす。
勤務弁護士8名を擁する法律事務所を経営。「請負契約の諸問題」「個人情報保護法と実務の対応」「不動産仲介の諸問」題等 で講演会を行い、「入居と退去の法務」「担保不動産売買仲介の実務」「賃貸管理業務規定・契約書式監修」等の著書がある。

JavaScript を有効にして下さい

東京都千代田区神田駿河台3-11-5 中央大学駿河台記念館 6階 670号室
(JR中央・総武線「御茶ノ水駅」聖橋橋改札口から徒歩3分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B1出口)徒歩約3分)