セミナー情報

契約書 民法改正

『宅建業者のための民法改正ガイドブックー不動産取引に役立つ契約書改定のポイント』 出版記念セミナー 

『宅建業者のための民法改正ガイドブックー不動産取引に役立つ契約書改定のポイント』 出版記念セミナー 
主催株式会社にじゅういち出版
日時2019年4月5日(金)
午後1時~午後5時
会場東京都千代田区神田駿河台3-11-5 中央大学駿河台記念館 6階 670号室
JR中央・総武線「御茶ノ水駅」聖橋橋改札口から徒歩3分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B1出口)徒歩約3分
受講料1名 25,000 円、追加1名 20,000 円(テキスト・消費税込)
21出版倶楽部会員 1名22,500円、追加1名18,000円(テキスト・消費税込)
講師立川 正雄(弁護士)

弊社セミナーのメーン講師である立川正雄弁護士の著書『宅建業者のための民法改正ガイドブック.不動産取引に役立つ契約書改定のポイント.』(発行:にじゅういち出版)が刊行されました。本書は、これまで立川弁護士が行って来た民法改正セミナーを集大成、実務に関わる民法改正のポイントを全て網羅、改定賃貸借契約書・売買契約書のひな形も掲載、不動産業者が直ぐに使える民法改正のためのガイドブックです。今回は出版記念としてセミナーを開催、参加者の皆様にガイドブックを進呈し、テキストとして使用します。

【民法改正が賃貸実務に与える影響】※本の内容を抜粋して講演いたします。
■不動産賃貸借と保証人
第1節 債権法改正と保証規定
保証規定に関する改正の概要

第2節 個人根保証人の責任の限度額

  • 個人根保証人の責任の限度額
  • 具体的な極度額の定め
  • 借主死亡による連帯保証人の責任の確定
  • 借主自殺による場合の元本確定
  • 保証人死亡による代わりの連帯保証人の確保
  • 個人根保証人の元本の確定事由を変更する特約
  • 借家人本人が破産した場合の個人の根保証人の元本の確定
  • 民法改正法施行後の対処方法

第3節 借家の個人保証についての公正証書作成
第4節 保証人に対する契約締結時の借主の財務状況の説明

  • 保証人に対する説明
  • 店舗賃貸借で社長が連帯保証人になる場合

第5節 家賃滞納等に関する連帯保証人への通知

  • 貸主から連帯保証人への家賃滞納の連絡
  • 貸主から連帯保証人への期限の利益喪失の連絡


■瑕疵担保(契約不適合責任)
第2節 契約不適合責任の権利行使の期間制限
第3節 商法の目的物検査義務および適時通知義務
第4節 改正民法と異なる特約
第5節 知って告げざりし契約不適合(瑕疵)
第6節 売主が非宅建業者の場合の公簿売買・実測売買の特約

  • 公簿売買・契約不適合責任免責(中古戸建て・マンション)
  • 売主非宅建業者、公簿売買・契約不適合責任負担(中古戸建て・マンション)
  • 売主が非宅建業者で、土地は実測精算・建物は公簿売買、その他は契約不適合責任負担
  • 売主が非宅建業者で、売主が負担する契約不適合責任の内容を限定する契約

第7節 売主が宅建業者の場合の公簿売買・契約不適合責任の特約

  • 宅建業法の改正
  • 契約不適合責任についての改正前民法と宅建業法の関係
  • 業者が土地の売主で公簿売買
  • 売主業者で土地・中古建物の公簿売買
  • 業者が土地・中古建物の売主で土地は実測売買・建物は公簿売買
  • 業者が土地・中古建物の売主で土地・建物は公簿売買だが、契約不適合責任で買主が売主業者にどのような請求ができるか(契約不適合責任の効果)を契約書に定める場合
立川 正雄

立川 正雄

弁護士

昭和52年司法試験合格、昭和55年弁護士開業。
会社法務・開発・建築・不動産法務・倒産法務を専門分野とする。
最近では、ゴルフ場の清川カントリークラブの更生管財人として再建を果たす。
勤務弁護士8名を擁する法律事務所を経営。「請負契約の諸問題」「個人情報保護法と実務の対応」「不動産仲介の諸問」題等 で講演会を行い、「入居と退去の法務」「担保不動産売買仲介の実務」「賃貸管理業務規定・契約書式監修」等の著書がある。

JavaScript を有効にして下さい

東京都千代田区神田駿河台3-11-5 中央大学駿河台記念館 6階 670号室
(JR中央・総武線「御茶ノ水駅」聖橋橋改札口から徒歩3分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B1出口)徒歩約3分)